セイハネットワークの「教材」の重要性

■幼児に合わせた教育が必要

幼児の英会話教育に興味を持っている保護者は少なくありません。2020年度からは小学校でも英語の授業をすることになりましたから、子供がもっと小さいうちに英語に親しませて将来に役立てようと思っている保護者もいるでしょう。
セイハネットワークでは子供向け英会話教室を運営しています。セイハ英語学院はほかの大手英語教室と比較しても評価が高いようです。その理由のひとつがレッスン内容です。
レッスンでは外国人講師と日本人講師がペアを組んで歌を歌ったりします。身振り手振りをしながら英語の歌を歌うだけのレッスンもあります。保護者としてはこれで本当に英語が身につくのだろうかと思うかもしれませんが、実は幼児教育で重要なのは下地づくりなのです。
幼児は左脳よりも右脳が発達しています。暗記学習に耐えられるようになるには、ある程度の年齢に達し言語中枢をつかさどる左脳が発達してからだそうです。とはいえ、生徒たちに英語に親しみ、興味を持ってもらうことも子供英会話教室では重要なポイントです。
そのため、歌や身振り手振りで英単語やアルファベットを教えているのです。

■教材の重要性

セイハ英語学院ではタブレット端末、テキスト、カードなどを使ってレッスンを行っています。特に最近導入したタブレット端末は子供に人気で、大人が使い方を教えなくても子供同士で教え合ったりしながら使用しているケースも見られます。
タブレット端末を使用するとゲーム感覚で英語に親しめるので、子供の人気も高いのです。
大人のイメージする英語学習といえば効率的に要点がまとめられた参考書、単語カードなど、暗記するタイプの学習ではないでしょうか。そのため子供向けの教材を見てレベルが低いのではと不安になる保護者もいるかもしれませんね。とはいえ、子供向けの英語教育では英語を好きになってもらうことや英語に親しんでもらうことが目標です。受験に直結するような学習方法ではありませんが、英語を好きになるためのベースを作る重要な役割があります。
また、子供の興味や関心を持続させるために質のよいカリキュラムも大切です。セイハネットワークでは会社設立以来培ってきたノウハウをカリキュラムに反映させていますから、その点でも安心感がありますね。

■英語を学ぶ環境づくり

セイハネットワークは他社に先駆けて子供向け英会話教室の教材にタブレット端末を導入しました。その結果、より子供が継続して英語を学べるような環境をつくることができたのではないでしょうか。
本格的な英語を学ぶ下地づくりはとても重要です。もし教室選びに迷ったら、子供が使う教材に工夫を重ね続けているような教室を選ぶとよいでしょう。

管理人推奨サイト◇◇◇ セイハネットワーク株式会社の採用・求人情報-engage