■幼児に合わせた教育が必要

幼児の英会話教育に興味を持っている保護者は少なくありません。2020年度からは小学校でも英語の授業をすることになりましたから、子供がもっと小さいうちに英語に親しませて将来に役立てようと思っている保護者もいるでしょう。
セイハネットワークでは子供向け英会話教室を運営しています。セイハ英語学院はほかの大手英語教室と比較しても評価が高いようです。その理由のひとつがレッスン内容です。
レッスンでは外国人講師と日本人講師がペアを組んで歌を歌ったりします。身振り手振りをしながら英語の歌を歌うだけのレッスンもあります。保護者としてはこれで本当に英語が身につくのだろうかと思うかもしれませんが、実は幼児教育で重要なのは下地づくりなのです。
幼児は左脳よりも右脳が発達しています。暗記学習に耐えられるようになるには、ある程度の年齢に達し言語中枢をつかさどる左脳が発達してからだそうです。とはいえ、生徒たちに英語に親しみ、興味を持ってもらうことも子供英会話教室では重要なポイントです。
そのため、歌や身振り手振りで英単語やアルファベットを教えているのです。

■教材の重要性

セイハ英語学院ではタブレット端末、テキスト、カードなどを使ってレッスンを行っています。特に最近導入したタブレット端末は子供に人気で、大人が使い方を教えなくても子供同士で教え合ったりしながら使用しているケースも見られます。
タブレット端末を使用するとゲーム感覚で英語に親しめるので、子供の人気も高いのです。
大人のイメージする英語学習といえば効率的に要点がまとめられた参考書、単語カードなど、暗記するタイプの学習ではないでしょうか。そのため子供向けの教材を見てレベルが低いのではと不安になる保護者もいるかもしれませんね。とはいえ、子供向けの英語教育では英語を好きになってもらうことや英語に親しんでもらうことが目標です。受験に直結するような学習方法ではありませんが、英語を好きになるためのベースを作る重要な役割があります。
また、子供の興味や関心を持続させるために質のよいカリキュラムも大切です。セイハネットワークでは会社設立以来培ってきたノウハウをカリキュラムに反映させていますから、その点でも安心感がありますね。

■英語を学ぶ環境づくり

セイハネットワークは他社に先駆けて子供向け英会話教室の教材にタブレット端末を導入しました。その結果、より子供が継続して英語を学べるような環境をつくることができたのではないでしょうか。
本格的な英語を学ぶ下地づくりはとても重要です。もし教室選びに迷ったら、子供が使う教材に工夫を重ね続けているような教室を選ぶとよいでしょう。

管理人推奨サイト◇◇◇ セイハネットワーク株式会社の採用・求人情報-engage

■選ばれる理由

セイハ英語学院はセイハネットワークが運営する子供英会話教室です。大手英会話教室の中でも評価の高い教室ですから、気になっているという人も多いのではないでしょうか。セイハ英語学院が選ばれる理由にはセイハ英語学院ならではの特徴があります。
例を挙げると独自のアプローチです。セイハアクションは、0歳から体や五感をフルに使って英単語やセンテンスを覚えていく勉強法です。 先生がまるで手話のようにアクションを用いながら英語を教えているので、楽しみながら学ぶことができます。
さらに、機械的なカリキュラムではなく生徒の状態や様子に寄り添ったレッスンを行うようにしています。カリキュラムに導入しているのはAPDEというシステムです。APDEには生徒の能力を把握し、生徒に合わせた計画を立て、実践したうえで新たな目標を設定して、レッスンの内容を検証し、評価するという意味があります。

また、レッスンには英語圏の子供に親しまれているフォニックス、歌とチャンツを取り入れています。こうした工夫により、子供たちは日本人にありがちなカタカナ英語ではなく、本格的な英語を学ぶことができます。

■よくある質問と回答

セイハネットワークでは日本中の子供たちに高い教材を使わずに英語を教えることを目標としています。 ですから月謝もリーズナブルに設定されています。たとえば週に1回ではなく2回のレッスンを希望する場合でも、比較的リーズナブルに倍の回数の授業を受けられるようになっています。
また、欠席してしまった場合も無料振替レッスンがあるので月謝は無駄になりません。もし1ヶ月以上の休みが必要な場合は、休学という制度もあるので安心です。休学なので退会して再度入学金を払うという手がかかりません。
保護者が子供の英語力が本当にアップしているのか確認したい場合は、月に1度のオープンレッスンを利用すれば授業の様子がよくわかります。さらに年に1度、学習の理解度を確かめるための国際英検があります。

■選ぶなら歴史ある英会話教室

セイハネットワークは、会社設立から30年以上子どもの英語教育に関わってきた企業です。セイハ英語学院の大きな特徴は子供専用の英会話学校であることです。未就学児でも入会できる英会話教室は少なくないですが、0歳児からでも通える教室はめずらしいのではないでしょうか。
セイハネットワークの英会話教室がオリジナリティーのある指導を行えるのは教育に携わってきた歴史があるからです。子供向け英会話教室を選ぶなら企業の歴史に注目してみてもよいのではないでしょうか。

■口コミの問題点

子供に英語を学ばせたいと考える方は多いのではないでしょうか。また実際に学ばせようと思ったとき、口コミを参考にする人が多いという話もよく聞きます。
とはいえ、口コミを信じすぎるのも考えもの。口コミは実際にその商品やサービスを利用した人の個人的な評価を掲示板やブログに書くものです。しかし、実際には芸能人や口コミ代行業者がお店からの依頼を受けて好意的な評価を繰り返すという本来の口コミとは違う情報も多いのです。また、低評価の口コミについても実際に利用したことのない人が悪意を持って評価している可能性があります。このように情報の量が爆発的に増えた現在において、口コミは必ずしも信頼できるものとは限りません。

しかし、口コミでなく信頼できるデータをもとに作成されたランキングであればどうでしょうか。子供を英語教室に通わせる場合、もし満足度の高いスクールランキングがあるとすれば、参考にしたいと考える方もいることでしょう。オリコンでは2014年から「満足度の高いスクール系サービス」をランキング形式で発表しています。
「満足度の高いスクール系サービス」の調査方法はインターネットのアンケートで、調査対象は実際のサービス利用者に限定しています。総合満足度のほかに10の評価項目を設定するなど、実際の利用者の満足度を他方面から調査できるように工夫したアンケートとなっています。

■2020年に初の首位

2020年、「満足度の高いスクール系サービス」の子ども英語幼児ランキング1位に輝いたのは、セイハネットワークが運営しているセイハ英語学院でした。
また、セイハ英語学院は総合満足度のほか、スタッフ、通いやすさ、レッスンの受けやすさ、入会手続き・特典部門でも1位になりました。担当講師の人柄、話しやすさ、親子で参加できるイベント、子供の性格に合わせた丁寧なレッスンなどが評価の決め手となったようです。
セイハネットワークは設立から30年以上子供の英語教育に携わっています。最近では授業目のタブレット端末の導入などが注目を集めていました。確かなキャリアと適度な変革が高評価につながっているのかもしれませんね。

■スクール系サービスはセイハネットワーク

セイハ英語学院では、ほかにも複数のスクール系サービスを提供しています。サービス自体は対象年齢や目的によって異なるものの、生徒ひとりひとりに向き合うという企業理念はサービス全体を運営する指針になっています。
現在は講師が一方的に授業をするスタイルの学習よりも、生徒の性格や個別の学習進度に合わせたレッスンをしてくれるスクール型サービスに注目が集まっているのかもしれません。
もしスクール系のサービスを探しているのなら、セイハネットワークが運営している教室から選んでみてもよいのではないでしょうか。

■小学生向けコース&中学生向けコース

セイハネットワークが運営している個別指導のトライプラスには3つのコースがあります。小学生向けコース、中学生向けコース、高校生向けコースです。
小学生向けコースでは低学年で基礎学習を育てていきます。わからないところがあれば担任講師がわかるまで対応し、学習意欲を高めていきます。勉強の習慣づけコース、読解力養成コース、文章題特訓コースなどがあります。高学年では中学入試準備コース、進学塾フォローコースなど受験を見据えた講座を用意しています。
中学生向けコースの目標は高校受験対策です。志望校別対策コースや苦手科目克服コースなどで苦手分野をなくし、安定した学力の獲得を目指します。さらに内申点対策も充実しており、入会すれば手厚いサポートが受けられます。
どちらのコースも担任講師がついていますから、学校の授業でわからないところがあってもすぐに質問ができます。学校の授業さえ理解していれば定期テスト対策になります。さらに中学生向けコースでは学校のテストを分析したうえで出題される問題の予想もできますから、より高得点を目指せます。

■高校生向けコース

高校生向けコースでは大学受験対策や苦手科目克服のための授業を行います。 大学受験では基礎的な知識が問われる試験や難関大学に見られる応用問題など幅広い学習を求められます。トライプラスでは生徒ひとりひとりの学力や目標に沿った無駄のない指導を行います。
また高校生に人気のコースは苦手科目集中対策コース、定期テスト対策コース、大学別受験対策コースです。特に苦手科目克服コースでは小中学校の学習内容から復習できますので、無理なく苦手科目に取り組めます。わかるところから学習していれば苦手意識もなくなっていくでしょう。
セイハネットワークの運営している教室には生徒ひとりひとりに向き合うような教育方針があります。大人数で一方的に教えられるような授業を好まない人におすすめです。

■ 頼りがいのある個別指導塾

トライプラスの大きな特徴は生徒自身の意欲を育てるシステムです。個別指導と演習をセットにした授業を行っていますので、生徒はその日に習ったことがすぐにできるようになったという喜びと感動を体験できます。さらに個別指導では対話形式を採用しているので、生徒が「わかったつもり」で家に帰ることはないそうです。
また、担任講師は生徒の性格や学力を把握していますから、指導法や接し方は随時変えていきます。学習塾ながら家庭教師にも似たオーダーメイドの指導ですね。
セイハネットワークではトライプラスのほかにも子供向け英語教室のセイハ英語学院など多数の教室を運営しています。カリキュラムや授業方法にはそれぞれのノウハウが共有されているので頼りがいがありおすすめです。

■無料動画で授業を受けられる

「Try IT」というサービスを知っていますか。セイハネットワークが運営している個別指導塾トライプラスのサービスで、無料で授業動画を見ることができる点で話題です。
中学生向けの動画と高校生向けの動画が用意されており、動画の時間は15分ほど。通学の合間や待ち時間などの隙間時間を有効活用できる長さです。各教科や単元ごとに授業を選択して視聴できるようになっているので、苦手な教科を何度も繰り返し見て勉強できます。
授業の内容は大教室で大勢に語りかけるようなスタイルではなく、一対一で生徒に話しかけるようなスタイルです。そのため、まるで個別の授業を受けているような感覚になるといいます。 セイハネットワークのトライプラスも対話形式の授業を行いますから、Try ITの動画を視聴していればトライプラスに通ったのと同様の効果が得られるかもしれませんね。

■無料で運営できる理由

ところで、どうして学習塾が提供しているサービスを無料で受けられるのでしょうか。実はTry ITには1点だけ課金要素があります。それは質問です。授業を視聴していてわからない点があればプロの講師に質問でき、その質問料が1回につき500円です。動画の視聴中にスマホを振ると自分でわからなかった箇所を記録できますから、プロの講師に質問する際に便利です。
つまり、Try ITは視聴だけは完全無料でできますが、個別の質問にはお金がかかるということです。添削料金が運営費になっているわけですね。
添削料金がかかるとはいえ、動画の視聴中に記録したところは生徒が通っている中学や高校の先生に聞くこともできます。上手に利用すれば添削料金なしでもTry ITを活用できますよ。

■個別指導を受けるならトライプラスへ

ご紹介したようにTry ITと通っている学校を活用すれば完全無料で必要な勉強ができます。ある程度質問したとしても、学習塾や家庭教師よりもリーズナブルになるでしょう。
また、セイハネットワークのトライプラスでは生徒自身の性格や学力に合わせた授業を行っています。目指す進学先があればゴールに到達するまでの最短のカリキュラムを用意しますし、定期テストの問題を予想して対策のための授業を行うこともできます。さらに高校生向けコースでは苦手科目克服のために小学生の授業を復習することもあります。

Try ITにこうしたサービスはありませんので、もし個別指導を受けたいと思ったらトライプラスのほうが適していることは間違いないでしょう。学習スタイルは多様化していますが、個人の予算や学力を考えたサービスを受けることが大切です。